こうさかあきこ

 

メンタルトレーナー

セミナー講師/物書き

 

新卒で入社した会社で生産管理・新商品開発を担当。

5年勤務し、異業種へ転職。

転職した先で仕事の仕方につまづき、学生時代からの生きづらさも相まって心屋塾の門をたたく。

 

2012年、カウンセラーから講師業へ移行。今に至る。

 


個人向けに自己肯定感形成を目的としたセミナー

個人事業主向け起業支援セミナー / 起業相談

※法人様向けにも
福利厚生に、社員教育・新入社員教育にメニューを準備しております。
ご相談いただければ、御社に合わせたプランをご提案させていただきます。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

行き詰まっていた頃はずっと「軸がほしいな」と思っていました。

どこにも焦点が定まらず、足元が揺らいでいる感じがして

全身のセンサーを張り巡らせて、あちこちをきょろきょろと窺っていました。

これをしてもいいのか。あれをやらなくてもいいのか。

不特定多数の人の目を気にして「正解」を探していました。

 

どうしてそんなことになっていたのかと言うと、

「こんな自分じゃダメだ」とどこか心の奥深くで思っていたから、だと思います。

 

こんな自分じゃダメだからと、

人の目を気にして何もできないでいました。

 

 

もちろん今でも人の目は気になります。

対人用全方向高感度センサーは誰よりも繊細に高性能に働いていると自負しております。

・・・むしろ自慢の感覚扱いですね(笑)

 

 

それでもなにかをやりたいと思った時に、誰かを気にしてやれないことはほとんどなくなったし

なにかをやりたくないな、と思った時に、世間体を気にしてがまんして続けることが減りました。

行動、言動が以前よりずっと「自由」になって、呼吸がしやすくなっています。

 

 

どうしてこんなふうになれたのかと言うと、

どこまでいっても「こんな自分」で生きていくしかないんだな、と

「こんな自分」を受け入れ、認めていった結果だと思います。

 

無意識に否定して嫌っていた「こんな自分」を

まずはしょうがないなぁ、私ってこういうやつだもんなと受け入れてみる。

そうするとだんだん「こんな自分」が好きになっていく。

好きになったら、そんな自分のやりたいことをさせてあげたくなる。

こんな流れを通って来たような気がします。

 

 

 

それでも、この世界を生きていくにあたって

わがまま放題で生きている人は「品がないなぁ」と思ってしまうタイプなので、世界との折り合いをつけて

自分の心がのびのびできる自由さと、節度を持ってがんばる社会性の保持との「ちょうどいい位置」で生きていくマインドをお伝えしています。